HTL研究所(HAPPYちゃん)

【HTL研究所 文字起こし】エゴキンマン対策の基本の話

HAPPYさんこと、竹腰紗智さんのコミュニティ、HTL研究所で話されていた内容を、文字起こししています。

この内容は、苦しんでいる人にたくさん届いて欲しいという、HAPPYさんの愛の計らいで、YouTubeにもたくさん投稿されています。

心が軽くなると思いますので、ぜひ、読んでみてくださいね!

【HTL研究所 文字起こし】エゴキンマン対策の基本の話

ちょっと今日、いい技を思いついたんで、これやってみてください、一回。

まず大事になるのが、話の核になるのが、この頭の中で囁かれる否定的な声というのは、自分じゃない!っていうことを、本当に今回腑に落としてください。

もう、自分じゃないんですよ。別の存在が、いち命を持った存在が自分の中にもう一人存在してるんですよ。

私がエゴキンマンっていう名前をつけましたけど。

そのエゴキンマンっていうあなたとは別の存在が、「お前そんなんじゃダメだぞ」「寝てたらやばいぞ」「早くついて行けよ」「リラックスすんなよ」「動け〜」とかって言ってくるわけじゃないですか。

それがあたかも、自分が思っているような感覚になると思うんだけど、それは誰かの声。

誰かの声っていうか、自分が生み出したもう一つの存在なの、それは。

ここ、ホントに別にしてください。「自分」と「私が作り出したエゴキンマン」がいる。これ切り離しね。

私はなんか本当に単純なおバカさんだったから、これに関しては素直に信じちゃった。

すぐに「あ、なんだ、ボルテックスに入ればいいんだ」みたいな。「ソースと同じ視点に立てばいいんだ」「この声聞かなくていいんだ」っていうのが、初期の段階で、なぜかあっさりできてしまったので、なんかこういうハッピーちゃんになれちゃったんですけど。

できない人が多いと。それを。簡単に無視することができない人が多い。

で、こないだシェアした内容が、エゴキンマンを作り出した経緯。

エゴキンマンにも、その存在にも生い立ちがあるから、その生い立ちについてちゃんと考えてあげたら、「優しい気持ちになれた」って言って、浄化した人がいましたけど。

これもう一個、良いのを発見したんよ。

褒めまくるっていう。

いや、もう思ってなくてもいいから、とにかく褒めまくるっていうのを、やってみたら変わってくるんじゃないかと思って。

自分じゃないよ、エゴキンマンをね。

とにかく、「わかるよ、けっこうあんたもイケてるで」みたいな感じで。

もう、そういう返しをしちゃう。

何言われても、「分かる分かる、あんたもけっこうイケてるから」「あんたも最高だから」みたいな。

ここで言ってるのは、エゴキンマン対策ですよ。

最初は感情が乗ってなくてもいいから、とにかく頭の中で、「あんたもけっこう、最高だから」って。「分かってるで」みたいな感じでね。

ちょっと、誉め殺しをしてみてもらえません?

エゴキンマンはいるんだもん。しょうがない。

どうやったら上手く付き合えるかを、考えればいいよね。

他人を無理やり褒めるのって、結構キツイじゃん。

でもさ、エゴキンマンは別存在とは言え、自分と共に苦楽を共にした何十年間がある、自分の中にいる別存在だから。他人を褒めるより、ずっといいと思う。

嫌いな人、褒めれないやん。なんか、目の前にいるムカつく上司のことを褒めるとかって、けっこう嫌よね、それは。

でも、今回は上司じゃないから。自分の中にいるもう一人の存在だから。

ロングストーリーがあるでしょ、あなたとエゴキンマンには。

そのストーリーを、苦楽を共にしたストーリーを、忘れないで。